Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
イベント

七夕は地域で違いがあるの?現在の七夕事情は?

七夕は7月7日に行われる行事ですが、地域によって行われる
日が違うことを知っていましたか?

意外と知らない方もいると思うので、七夕の日の違いについて
紹介したいと思います。

地域によって日が違うのはなぜ?

日本では明治時代以前まで、昔の暦に従って、行事を行っていました。

しかし明治時代に入ってから、旧暦から新暦に変わったため、その計算
方法の違いから、1ヶ月ほどズレが生じました。

旧暦では7月は「秋の季節」ですので、七夕は本来「秋の行事」に含まれます。

新暦に変わってからは、7月は「夏の季節」になり、七夕は「夏の行事」に
なりました。

ほとんどの地域では、7月7日に七夕を迎えますが、季節感が合わないと考えている
地域では、「月遅れ」と言って、七夕を1ヶ月ほど遅らせる地域もあります。

そういった理由で、地域ごとに七夕を行う日が違うんですね。

8月に七夕を行う地域は?

8月に七夕を行う地域は

北海道、秋田県湯沢市、岩手県盛岡市、宮城県仙台市、福島県いわき市、

茨城県水戸市、東京都杉並区、岐阜県大垣市、富山県高岡市、山口県山口市、

愛知県安城市、大分県大分市

と全国にいくつかあります。

現在の七夕事情は?

子供の時から七夕は7月7日と認識があったのですが、
テレビやネットの普及世代で育った方は七夕が8月に行う
認識はほとんどないと思うかもしれません。

昔と違って「七夕は7月7日」と情報が流れ盛んになって
いるようです。

おじいちゃん、おばあちゃん子だった私は「8月7日」と認識も
あったので、昔からの風習がなくなっていく感じが寂しくも
感じます。

大人になれば七夕行事を行うことがほとんどないですが、たまには
短冊を書こうと思います。