エンタメ

インターネットの実名制の効果は?メリットやデメリットについて

インターネットの実名制の効果は?メリットやデメリットについて

韓国アイドルの元KARAのメンバーであった、ク・ハラさん(28)がソウル市内の自宅で自殺したニュースが報道されました。

自殺した原因にはさまざまな要因があると思いますが、1つの原因がSNSの書き込みによるものです。

現在では「指殺人」とも呼ばれており、悪質な書き込みにより精神的に追い込まれ欝になるといったものです。

そして、SNSやインターネットに書き込みする際に実名化をした方がいいとの声も増えてきています。

インターネットの実名制の効果は?


インターネットの書き込みを実名化すると、「誰」かがはっきりわかれば悪質な書き込みは減るという効果は確実にありますが、2~3年もすれば水準に戻ってしまう例もありました。

海外では本人確認が導入された国もあり、悪質な書き込みが4割減の効果が得られました。

やはり、実名制は効果があると判断できます。

しかし、実名制にしても一定数の方は悪質な書き込みをしますので、完全になくすことは難しいようです。

インターネットの実名制のメリットは?


実名制にすると友人と常に繋がっている感覚がもてること、リアルタイムで付加価値の高い情報が入手できることなどは匿名であっても享受できる。

実名制のメリットを突き詰めれば「人脈の創造」に集約できることである。

またアカウントに信用性があることですね。

インターネットの実名制のデメリットは?


個人情報が特定され、イタズラや個人情報が洗いざらい掘り返され、ネット上に流れる可能性もあります。

実名なので、プロフィールと他の情報などで簡単に個人を特定ができ、その人に関する写真や情報が簡単に広まってしまう恐れがある。

プライバシーの問題になることが考えられる。

必要がない時は利用しない

SNSは気軽に書き込み、投稿ができるので、学校や仕事では利用しない。

迷惑な行為や個人情報をさらすリスクがあるので、利用しないのが一番良いです。

また、個人情報は特定されやすいので、詳細まではプロフィールに書かないようにしましょう。

流出や特定を避けるためには、住んでいる地名や学校などは書かない、顔写真は載せない。

など、ある程度個人情報の特定は避けられます。

悪質な書き込みについて

有名人など人気者にはアンチも多くいますが、気にしないことと調べないことが良いです。

悪質な書き込みをする人はその人が羨ましいや嫉妬など、さまざまな原因があり書き込みをしています。

悪質な書き込みする人は考え方や気持ちがマイナスなので、無視するのがいいですね。