ニュース

「鳥取県」ハングライダーイベントで衝突事故した原因や場所はどこ?

「鳥取県」ハングライダーイベントで衝突事故した原因や場所はどこ?

10月27日に鳥取市でハングライダーのイベントが行われましたが、衝突するという事故が発生しました。

27日午後0時20分ごろ、鳥取市河原町稲常の上空でハンググライダー同士が衝突したと119番があった。2機は地上に落下し、操縦していた大学生小松ひなさん(21)=鳥取市=が頭などを強く打って意識不明の重体。もう1機の無職穐吉さおりさん(46)=滋賀県守山市=が鎖骨を折るなどの重傷を負った。鳥取県警が詳しい状況を調べる。

 現場は鳥取市南部の霊石山(標高334メートル)付近で、スカイスポーツが盛ん。県警によると、2人はハンググライダーのイベントに参加していた。

 イベント事務局によると、着陸地点の精度などを競っており、2人は複数の機体とともに上空を飛行していた。
           Yahooニュース 

ハングライダーイベントの詳細は?

イベント名は「霊石山フライトフェスティバル」といいます。

10月26日、27日と二日間開催され、霊石山フライトフェスティバル実行委員会が主催しています。

このイベントに参加するには、資格が必要となります。

・JHFフライヤー会員登録が有効であること

・B証所持者以上(P証以下は引率者必要)

・参加費10000円

イベントは午前10時から開始されています。

ハングライダーイベントの場所はどこ?

ハングライダーイベントが行われたのは、鳥取市河原町の標高334メートルの霊石山になります。

2機が空中でぶつかり、斜面に墜落しました。

ハングライダー衝突の原因は?

このイベントにはハングライダーの愛好家が多く集まっており、経験者も多いかと思います。

事故の時は強い風も観測されていないことから、なんらかの原因でぶつかったと思われます。

衝突時には機体が複数飛んでいたようです。

詳しい事故の原因は調査中です。

鳥取市河原町稲常の上空

ハンググライダー2機が接触し墜落

空中で衝突 墜落 女性が重体

ネット民の声

⇒茨城一家殺傷事件の謎が多い

⇒しんじょう君ストVの中の人はこの人?

⇒盗難レクサス保管した自動車会社は?