Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
イベント

土用の丑の日にうなぎをなぜ食べるのか?由来は?

土用の丑の日といえばうなぎを食べる習慣になっていると思いますが、
なぜ?うなぎを食べるようになったんでしょうか?

うなぎを食べる意味や由来について紹介したいと思います。

なぜ、うなぎを食べるの?

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは、昔季節の変わり目には
さまざまな風習がありました。

特に夏場は土用の梅雨と重なるため、衣類や調度品の湿気をとる
「土用の虫干し」をしたり、梅干、うどん、瓜など「う」の付く
食べ物を食べて養生したりするようになりました。

うなぎは「う」の付く食べ物で、夏バテ防止のに役立ちます。

また、「万葉集」に夏痩せ防止にはうなぎを勧める歌もあり、古くから
うばぎは滋養強壮に効く食べ物として注目されていたことがわかります。

うなぎを食べる効果は?

うなぎは夏バテ防止に最適。

うなぎ以外にも夏バテ防止の食べ物もありますが、土用の丑の日のメインは
うなぎ。

夏は食欲がなくなり、さっぱりした食べ物に偏りがちですが、疲労回復、ビタミン類や
エネルギー源になる脂質を多く含むうなぎは、夏バテにはピッタリ。

多くの効果があるうなぎは、夏以外にも人気のある食べ物ということが、
わかりますよね。

年中売っているうなぎもありますが、ほとんどが養殖で天然物のうなぎは秋から冬が
旬になります。

近年では、うなぎ養殖に使う天然稚魚が激減で価格がかなり高くなり、購入しずらく
なりました。

土用の丑の日にうなぎが定着したのは江戸時代

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が定着したのは江戸時代になります。

夏のうなぎは旬から時期が外れていることで、蒲焼の味が濃くこってり
していることから、なかなか売れませんでした。

そこで、何とか売上を伸ばしたいうなぎ屋に相談を受けた平賀源内が、
「本日土用の丑の日」と書いた看板を店に掲げたのでした。

聞き慣れてない言葉に足を止める人たちを、うなぎ屋の主人は店に
呼び込み、繁盛したそうです。

このことを知った他のうなぎ屋がマネをするようになり、土用の丑の日には
うなぎを食べる風習が生まれました。